未分類

【都市伝説】もののけ姫にも隠れトトロが!どこのシーン?怖いと話題

2018年10月26日(金)夜9時から日本テレビ系列にて金曜ロードショー「もののけ姫」が放送されます。

「もののけ姫」は、数々のアニメーション映画作品を手がける「スタジオジブリ」制作で、世界的な知名度を誇る「宮崎駿」監督の作品です。

ジブリ作品には数多くの「都市伝説」が存在します。

有名なのは「となりのトトロ」の主人公サツキとメイは「既に死んでいる」という説や「トトロ」はノルウェーの伝承に登場する邪悪な妖精で、死期が近い人間もしくは死んだ人間にしか見えない「トロール」であるという説。

今回は、「もののけ姫」の「都市伝説」についてのまとめや隠れトトロ、ネットの反応をご紹介していきます。

スポンサーリンク

【もののけ姫】都市伝説まとめ!

【1.タタラ場について】


引用元:https://twitter.com/

「アシタカ」が西に向かい行き着いたタタラ場ですが、体を包帯で覆い作業をしている人たちの姿が描写されていました。

実は「ハンセン病」で、1873年に「らい菌」を発見したノルウェーの医師「アルマウェル・ハンセン」に由来しています。

「奈良時代」に成立した『日本書紀』、「令義解」には、それぞれ「白癩(びゃくらい・しらはたけ)」という言葉が出ており、現在の「ハンセン病」ではないかとされています。

この病気にかかると「差別」を受け、働くことが出来ずに生活に困窮する方たちが続出し、社会問題になりました。

「差別」を受ける人たちを守るために「タタラ場」が建てられたという説。

行く宛の無い私達をエボシ様だけが受け入れてくれた。」というセリフ。ハンセン病で差別を受けた方のメッセージではないのでしょうか。

【2.もののけ姫には絵本があった!】


引用元:https://www.amazon.co.jp/

実は「もののけ姫」が公開される遥か以前、「1980年」には既に構想があったようで、ストーリーは全く異なるみたいですが、「絵本」が存在しています。

絵本は映画版「もののけ姫」公開の4年前の1993年に発売されています。

トトロの「ねこバス」のようなキャラクターも登場しているようです。

探してみたら、「Amazon」にありました。

絵本【もののけ姫】

【3.コダマのヒミツ】


引用元:https://twitter.com/

「もののけ姫」の「ラストの出てくるコダマは、後々トトロに進化したらしい。」というものだそうです…

宮崎駿監督は、最後に出てきた木霊が「数百年後にトトロ」になったという「イメージ」で「もののけ姫」を制作したそうです。

【4.もののけ姫は税金対策】


引用元:https://matome.naver.jp/odai/2140409193484129501/2140409489486089203

「もののけ姫」ファンには信じられない都市伝説ですが、「税金対策」だったという噂があります。

理由としては、スタジオジブリは「1990年代後半に作品から得られる印税」や「グッズの販売」が好調で多額の税金を収める必要があったみたいです。

【5.もののけ姫にもナウシカ?】


引用元:https://www.amazon.co.jp/

もののけ姫の最初のほうに出てくるエミシの村(アシタカの故郷)にいる少女の中に「ナウシカの声」を担当した島本須美さんがいるようです。

【6.エボシの裏設定】


引用元:https://matome.naver.jp/

エボシ御前が実は海外に売られたという裏設定。

小さい頃から娼婦となるべく育てられ、 エボシを人身売買で買ったのが倭寇の親分。

エボシは倭寇の親分の妻になり、自分の旦那を殺してその財産を全て自分のものにして逃亡。倭寇時代の金で、「タタラ場」を造ったというもの。

親分の手下だったのがジコ坊。 ジコ坊はエボシに惚れていたからそのまま日本まで付いて来たらしいです。

【7.エボシは死んでいた】


引用元:https://matome.naver.jp/

映画の後半に「モロ」に腕を噛みちぎられるシーンがあります。実は製作段階ではエボシは死ぬ予定だったみたいですが、宮崎駿監督の「エボシは殺せない」という言葉で、腕を噛みちぎられるになったみたいです。

【8.サンは生贄】


引用元:https://twitter.com/

「タタラ場」は人間にとって重要な場所で、難病を抱え「差別」を受けている人たちに仕事を与えてくれる場所。

「タタラ場」を建てるためには、どうしても森の開拓が必要がありました。その行動が森の神々の怒りを買い、神々の怒りを静めるために「サン」を山犬の元へ生贄として差し出したというものです。

生贄の件については、劇中で「アシタカ」も語っています。

【9.サンはエボシの子?】

引用元:https://twitter.com/

「サン」は「エボシ御前」の子供だったという説があります。

日本に逃げて来た「エボシ御前」には、倭寇の親分との子がおり、その子と一緒に来たということみたいです。

この説の信憑性は定かではありませんが、責任感の強いエボシ御前が「タタラ場」に住む人たちの子供を生贄として差し出すとは考えにくいので、「生贄にするなら自分の子を」となった可能性はあるかも知れませんね。

【10.タイトルが違ってた!?】


引用元:https://twitter.com/

「もののけ姫」というタイトルは、実は宮崎駿監督が望んだものではなかったようです。鈴木敏夫さんに「アシタカ聶記(せっき)」というタイトルを望んだみたいですが、鈴木敏夫さんはどうしても「アシタカ聶記(せっき)」という名前がしっくりこなかったみたいで、宮崎駿監督に内緒で「もののけ姫」のタイトルで強行発表しました。

スポンサーリンク

【もののけ姫】都市伝説の隠れトトロはどのシーン?

他作品でジブリの有名キャラクターが「隠しキャラクター」として登場するジブリ作品。「もののけ姫」には描写としてキャラクターが現れることはありませんが、実はというキャラクターがいます。

上の文章でも紹介していますが、「コダマ」が隠れキャラクターになっています。


引用元:https://twitter.com/

「最後に残った一人が数百年後にトトロに変化する」と宮崎駿監督自身が語っているようなので、間違いなくこの「コダマ」が他作品に繋がる「隠れキャラクター」ということになります。

この「コダマ」が将来、「トトロ」になると想像すると面白いですね。

【もののけ姫】都市伝説のネットでの反応は?

【Twitter】


引用元:https://twitter.com/

【インスタ】

View this post on Instagram

金ロー様ありがとうございます♡ もののけ姫が1番大好きな作品 : #ghibli #金曜ロードショー #もののけ姫 #紅の豚

Misaki︎さん(@ghibli_4)がシェアした投稿 –

View this post on Instagram

今日はもののけ姫♪ #ジブリ #ghibli #もののけ姫

Yuuki Kobayashiさん(@jmopos)がシェアした投稿 –


引用元:https://www.instagram.com/

「もののけ姫」の放送を楽しみにされている方も多いようです。

公開から20年以上たっている作品ですが、根強い人気がありますね!

まとめ

今回は、2018年10月26日(金)夜9時から放送される金曜ロードショー「もののけ姫」についてご紹介しました。

いろいろな都市伝説がありますね!個人的には「ジブリ」作品のこういった都市伝説を知るのが大好きです。

裏設定や都市伝説を頭に入れて「もののけ姫」を観ると違った見え方になるかも知れません。

スポンサーリンク