未分類

ブラックペアンの4話(5/13放送)の女の子は誰?患者役の子供!

こんにちは!

医療ドラマは高視聴率ですよね~。

二宮和也さん演じる天才外科医の「ブラックペアン」も話題になっています。

脚本家は「小さい巨人」の丑尾 健太郎さんで、スピード感とエンタテイメント性を重視していて「ブラックペアン」も次の展開が気になるストーリーとなっています。

共演者も実力派俳優さんたちが勢ぞろいしていますよね!

今日は、「ブラックペアン」の4話に出演している子供の患者役の女の子が誰なのか紹介したいと思います。

ブラックペアン4話の患者役の女の子は誰?

4話に登場する子供の患者役の女の子は、稲垣来泉(いながきくるみ)ちゃんです!


来泉ちゃんは、2011年1月5日生まれの7歳です!

モデルとして芸能界デビューしたそうですが、今ではドラマ・CMに引っ張りだこ☆

出演した過去のドラマは、有名作品に出演していて人気子役さんですね~。

【ドラマ出演】

  • NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」
  • 貴族探偵
  • コウノドリ
  • アンナチュラル

【CM】

  • カルピス

  • フィットちゃんランドセル

  • 大東建託
  • 公文
  • 花王 リセッシュ

なんと!来泉ちゃんのお姉ちゃんも芸能活動をしているのですね~。

稲垣芽生ちゃん10歳です!


二人とも とってもカワイイです!

将来の夢は、女優さんですかね~。

「ブラックペアン」4話のあらすじ

スナイプを使った手術が成功したことで、東城大ではスナイプを大量に導入する方針を固める。

高階(小泉孝太郎)はスナイプに関する論文を着実に進めていたが、論文の最後に記す研究の最高責任者の名前をどうするか、悩んでいた。

この論文が外科学会理事長選の行方を左右するとあって、論文が掲載される日本外科ジャーナルとの太いパイプを持つ佐伯教授(内野聖陽)と帝華大の西崎教授(市川猿之助)による闘いは、最終局面を迎えていた。

そんな時、高階は帝華大時代に担当していた僧帽弁閉鎖不全の子供の患者を東城大に転院させる。

血液が固まりにくい症状で出血を伴う手術は不可能ということもあり、高階は佐伯教授にスナイプ手術の実施を頼み込む。

佐伯教授は渡海(二宮和也)を執刀医に指名。

ところが、あろうことか渡海は指名を断ってしまう。

それどころかスナイプ手術に舵をきった佐伯教授を厳しい言葉で攻め立て、そばにいた世良(竹内涼真)も止める術がない。

ついには、佐伯を激怒させてしまう。渡海は今後の手術に一切関わらないよう言い渡され・・・。

引用元:http://www.tbs.co.jp/blackpean_tbs/story/

4話のみどころは、「オペ室の悪魔vs神の手」ということで目が離せません!

早く4話が見たい!という声が続々届いています!

実力派俳優が集結している「ブラックペアン」は毎回みごたえがあります!

特に、二宮さんの渡海先生役の演技が圧巻ですね。

俳優一本でも十分にやっていける実力があると思います。

今日は、「ブラックペアン」の4話に出演した子供の患者役の稲垣来泉さんについてお伝えしました!

まだ7歳ということで、将来がたのしみですね~。

「ブラックペアン」は、毎回 ゲストが登場しているので、次のゲストも気になりますね。